三上紗也可のプロフィールは?通っている大学はどこ?高校・中学の経歴が凄い!【日本選手権を経てオリンピックへ!?】

水泳 三上紗也可 プロフィール 大学 高校 中学 日本選手権 スポーツ
広告

東京オリンピックに日本女子飛び込み競技代表として出場予定の三上紗也可さん!

落ち着いた雰囲気の可愛らしい女性の三上紗也可さん!

三上紗也可さんのプロフィールは?

三上紗也可さんの通っている大学は?

出身高校・中学の経歴は?

三上紗也可さんの日本選手権の成績は?

色々気になりますよね?

そんな気になるあなたの為にスポーツ大好きな私が三上紗也可さんのプロフィールについてまとめてご紹介します!

是非最後までご覧ください( *´艸`)

三上紗也可のプロフィールが凄い!?

引用:https://www.tv-asahi.co.jp

東京オリンピックに日本女子飛び込み競技代表として出場予定の三上紗也可さん!

 

落ち着いた雰囲気の可愛らしい女性です♪

ニャン吉
ニャン吉

だね~。

それでは三上紗也可さんのプロフィールや経歴をまとめてみました!

 

名前:三上 紗也可(みかみ さやか)

生年月日:2000年12月8日

年齢:21歳(2021年6月時点)

出身地:鳥取県米子市

身長:155㎝

体重:53㎏

所属クラブ:米子ダイビングクラブ

 

三上紗也可さんが飛び込み競泳を始めたのは、小学校2年生の時でした。

 

ご両親や兄弟が競技をやっていて、その影響を受けて~・・・・

というのはよく目にするエピソードですが三上紗也可さんは違いました!

 

小学校2年生の時に、学校から配布された資料の中に飛び込み教室のビラが入っていて彼女自身が興味をもって飛び込み教室に通うようになったのです。

 

どんどん飛び込みの魅力に取りつかれていった少女・三上紗也可さんは小学4年生で安田千万樹さんの指導を受けることになりました。

 

安田千万樹さんとは、1994年に開催された広島アジア大会男子3メートル板飛び込みで、

  • 銅メダル

を獲得した元トップアスリートの男性です。

 

そんな超一流の方から指導してもらえるなんて、やはり三上紗也可さんは才能を持ち合わせていたのですね^^♡

三上紗也可の通っている大学はどこ?

引用:https://chimenavi.com

 

日本女子競泳飛び込みで、今後の成長がとても期待されている三上紗也可さんは2021年6月現在現役の女子大生です。

 

気になる三上紗也可さんが在籍している大学は、

  • 日本体育大学体育学部体育学科

です。

 

都内にあり、日体大としても超有名な日本屈指のスポーツ名門の私立大学です。

 

現在三上紗也可さんは大学2年生なのですが、実は彼女高校を卒業したのが2019年3月で1年間の空白期間が存在しています。

 

その理由ですが地元鳥取県米子市に残り、飛込競技を始めた米子ダイビングクラブで長年自分を育ててくれたコーチの元で競技を続けたい。

という想いからでした。

 

地元愛が強い・・・というより、やはり心から尊敬し信頼関係が築けているコーチの元で競技を続けたい。という三上紗也可さん自身の気持ちに正直になった結果でしょう!

 

しかし、1年間コーチの元で競技を続けましたが三上紗也可さんは鳥取県から上京し日体大へ進む道を選択しました。

 

それはコーチとの関係や何か原因があったのではなく、飛び込み競技を続けてきた結果本気で、

  • “オリンピック出場”

という強い夢ができたからでした。

 

その夢を叶えるために、もっと競技に集中できる環境などが大事だということになり日体大へ進学したのです。

 

日体大の水泳部といえば、多くのオリンピック選手を輩出してきました。

  • 北島康介さん
  • 中村礼子さん

など他多数です。

 

飛込競技も男子5連勝(優勝15回、2012年現在最多優勝校)女子6連勝(優勝16回最多優勝校)2017年の日本学生選手権水泳競技大会飛込競技において、男女団体アベック優勝10回男子4連覇・女子6連覇。

 

これは超1流水泳部といえるでしょう!

 

日体大へ進学し、三上紗也可さんは強烈な刺激を周りから受けてきたはずです。

 

その結果、自分の夢をかなえ、

  • 東京オリンピック出場

を掴んだのです!

三上紗也可の出身高校は強豪校だった!?

引用:https://chimenavi.com

日体大で飛込競技に励んでいる三上紗也可さんですが、高校はどこを卒業したのでしょうか!?

 

彼女は2019年3月に、

  • 鳥取県立米子南高等学校

を卒業しています。

 

この米子南高等学校は水泳などの強豪高校なのかな?

と思いましたが、この米子南高等学校に水泳部は無く三上紗也可さんは高校で部活動に所属していた情報はありませんでした。

 

もしかしたら高校では帰宅部で、米子ダイビングクラブで安田千満樹コーチの元で競技をしていたのでしょうね!

 

高校時代の三上紗也可さんは素晴らしい実績を残してきました。

  • 2018年ジャカルタアジア大会4位(3メートル板飛込)/5位(宮本葉月さんペアえ出場したシンクロ板飛込

アジア大会で入賞って、国内ではなく世界大会ですからすごいですね!

 

情報によれば、高校に進学してから三上紗也可さんは安田コーチとマンツーマンで指導を受けてきたそうです。

 

しかも安田コーチの指導法はちょっと特殊で、実際水に入ってトレーニングをするのは4か月くらいだそうです。

 

その理由は、米子ダイビングの飛込台が屋外にあることもあるそうですが、安田コーチは水に入らずに飛び込む時の美しいフォームなどに時間を費やすそうです。

 

トランポリンを使って美しいフォームを研究したり、なんと三上紗也可さんの体にローブをつけて美しいフォームの保ち方などに力を注いできたというから驚きですね!

 

しかしその特殊な指導法によって、三上紗也可さんがメキメキと実力を高めてきたのは当然でしょう。

三上紗也可の中学は水泳部ではなかった?

引用:https://kind-trend.com

次に三上紗也可さんの出身中学校ですが、

  • 米子市立後藤ヶ丘中学校

です。

 

米子市立の公立中学校で、市内で最も生徒数が多い中学校だそうです!

 

藤ヶ丘中学校に水泳部はありますが、三上紗也可さんが所属していたという情報はありません。

 

しかし中学校では基本的にどこかの部活には入部しないといけないですし、きっと水泳部が可能性が高いと思います。

 

もしかしたら中学校の部活動後に、米子ダイビングクラブで飛込競技をしていた。なんてハードスケジュールだったかもしれませんね。

 

この後藤ヶ丘中学は公立中学校ですが、実は数名の有名人が卒業生として名前を連ねています。

  • 藤原聡さん(Official髭男dismのボーカル/ピアノ/キーボード/シンセサイザー/パーカッション担当)
  • 中田浩二さん(鹿島アントラーズ所属のプロサッカー選手)

髭男の藤原聡さんの出身中学校が、この後藤ヶ丘中学校でした。

 

三上紗也可さんの先輩になりますね^^!

 

いつか同じ中学校卒業の有名人同士で、対談なんてあったら面白そうです!

三上紗也可の日本選手権の結果が凄い!

引用:https://olympics.com

今までの記事で三上紗也可さんについて色々と特集してきましたが、実は彼女。

  • 日本選手権

に出場経験があります。

 

その実績が素晴らしいのでまとめてみました!!

  • 2017年日本選手権優勝(3メートルシンクロ板飛込:宮本葉月さんとペア)
  • 2018年日本選手権優勝(3メートル板飛込)

優勝しか経験ないとか、もう凄い!

 

地区予選とかではなく、日本選手権でですよ!?

 

この後にご紹介した、ジャカルタアジア大会に出場したり高校卒業後の2019年に初めて世界選手権出場し3メートル板飛込で5位になり東京オリンピック出場を決めました。

 

やはりこれらは、日本選手権での経験があってこそでしょう!

 

三上紗也可についてのまとめ

いかがでしたか?( *´艸`)

今回は飛込競技で東京オリンピック出場を決めた、三上紗也可さんのプロフィール・出身中学高校・大学・日本選手権での経歴をまとめました。

 

高校卒業後1年間地元に残り、恩師の元で「目標をかなえるには退路を断つことも必要」という言葉にうなずき地元で競技一本の生活を過ごした三上紗也可さん。

 

現在は上京していますが、全ての選択が現在の東京オリンピック出場につながっているのですから胸をはって日の丸を背負いオリンピックで活躍してほしいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました