高橋藍のプロフィールや身長は?中学時代はリベロで高校・大学の経歴が凄い!【憧れは石川祐希だった!?】

高橋藍 身長 中学校 高校 大学 プロフィール 男子バレー
広告

2020年から全日本男子バレーに召集された突如現れた、次世代の全日本男子バレー界エース候補である高橋藍さん!

そんなイケメンの高橋藍さんの身長は?

出身中学は?

高校・大学の経歴は?

色々気になりますよね?

そんな気になるあなたの為に高橋藍さんについて特集したいと思います!

是非最後までご覧ください( *´艸`)

高橋藍のプロフィールや身長は?

引用:https://news.yahoo.co.jp

2020年から全日本男子バレーに召集された突如現れた、次世代の全日本男子バレー界エース候補である高橋藍さん!

 

未知数の可能性を秘めている高橋藍さんですが、まだまだ私たちは知らないことが多いです。

 

まずは高橋藍さんのプロフィールです。

 

名前:高橋 藍(たかはし らん)

生年月日:2001年9月2日

出身地:京都府京都市

体重:72㎏

血液型:O型

 

まさに彗星のごとく突然全日本男子バレー界に登場した、高橋藍さん。

 

次世代の日本のエースと期待されている超新星の高橋藍さんの身長はどれくらいでしょうか?

 

高橋藍さんの身長は、

  • 188㎝

で、やはりバレーボール選手は背が高いですね!

 

世界のオリンピックに出場してきた各国のスパイカーの平均身長197,6㎝で、全日本男子バレーのスパイカー平均身長は191,6㎝でした。

 

やはり世界はとても身長が高いですしが、高橋藍さんの身長もほぼ全日本男子の平均身長といえますね^^。

 

ちなみに、高橋藍さんの最高到達点は343㎝!

 

全日本男子の平均最高到達点が340㎝なので、平均より上回っています!

 

関連記事:【ハーフ】高橋藍の家族構成が凄い!?父親・母親の国籍は?【兄妹もバレー選手でDNAがヤバい?】

高橋藍の出身中学は?

引用:https://4years.asahi.com

それではここから高橋藍さんの

  • 出身中学校

についてみていきたいと思います!

 

まずは、彼の出身中学校ですが、

  • 京都府京都市立蜂ヶ岡中学校

で誰もが知っている京都の太秦映画村の近くに立っています。

 

高橋藍さんの中学時代についてみてみましょう♪

高橋藍は中学時代はリベロだった!

 

この蜂ヶ岡中学校は、京都府内でも屈指のバレーボール強豪中学校で高橋藍さんは中学入学後からレギュラーで大活躍!

 

・・というわけではなく、なんと中学入学当時は身長が高くなかったことでポジションがスパイカーではなく、

  • リベロ

を務めていました。

ニャン吉
ニャン吉

意外だにゃ~。

 

しかし高橋藍さんはそこで心折れることなく、リベロとしてレシーブ力を磨いていき身長が高くなりスパイカーにポジションが戻るとレシーブ力が高いスパイカーとして頭角を現しエーススパイカーになっていきます。

 

その結果高橋藍さんが在籍した中学3年間で蜂ヶ岡中学校は全国対赤井へ出場し、

  • 最高ベスト16

に入賞しました。

 

個人として全国都道府県対抗中学校大会に京都府代表に選出され、その細い体のどこからどうやってあんな強烈なスパイクを撃てるのかとどよめきが会場に轟いたそうです。

 

きっと中学3年の時はたくさんの高校からスカウトがあったのではないでしょうか( *´艸`)

高橋藍の出身高校は?

 

引用:https://nayami-sodan.net

次に高橋藍さんの出身高校は、京都府の。

  • 東山高校

です!

 

そんな高橋藍さんの高校生時代についてみていきましょう♪

高橋藍は高校時代は兄とバレー部で活躍!

有名な南禅寺の近くにある東山高校は、中学高校の私立男子高校で有名なスポーツ名門高校ですよね。

 

バレーボール以外の競技でも、

  • バスケット
  • 野球
  • サッカー

のプロ選手を輩出しています。

 

この東山高校ですが、高橋藍さんのである高橋塁さんも進学していて同じバレー部に在籍していました。

(高橋藍さん高校1年生時、兄の塁さんは高校3年生

 

東山高校には同じ京都にライバル校・洛南高校(2019年春高バレー優勝)がいて、京都の地区予選で何度も対戦してきました。

 

しかし洛南高校の壁はとても高く、東山高校が中々春高や全国大会出場の切符をつかむことはできませんでした。

高橋藍は高校で憧れの石川祐希の恩師と優勝!

高橋藍さん高校3年生の最後の春高出場チャンスの大会で、東山高校はついにライバル・洛南高校を倒し夏のインターハイに出場し、

  • ベスト4

を掴んだのです。

 

しかもそれだけではありません。

 

チームの主将でありエースだった高橋藍さんは春高にも出場し、なんと。

  • 優勝

を掴みました。

もう、ドラマですよね(*´Д`)

 

特に春高で高橋藍さんが見せたプレーには、当時の記事にもこのように評されています。

“軽やかに跳び上がり、体を鞭のようにしならせて放つスパイクやサーブは、身長188cm、体重72kgの細身の体からは想像できない力強さがあった。

その上、打てるコースの幅が広く、軟打も含めて攻撃の選択肢が多い。”

 

実は高橋藍さんは全日本男子バレーを務めている、

  • 石川祐希さん

に憧れていたのですが、高橋藍さんのコート上での姿が石川祐希さんに似ていると周りから言われることが多かったそうです。

 

その理由が石川祐希さんが中央大学でバレー部に在籍していた時の監督だった松永氏が、大学を退任し母校の東山高校でバレー部のコーチの任に就いたのです。

 

松永氏の元で、石川祐希さんが大学時代に行っていたトレーニングなどを取り入れ、さらに石川祐希さんの映像を研究しどんどん吸収していきました。

 

憧れの人(石川)を育て上げた恩師の元で高校時代バレーボールができるって、もう最高に幸せなことでしょうが想像を絶する以上に厳しいトレーニングだったでしょう。

 

春高の大会中を振り返り、記事に対して松永氏はこのようにコメントしています。

「大舞台でのああいう姿を見ると……どんどん(石川に)近づいていってますね。祐希の次が、近くてよかったですよね。祐希から何年も長く空いてしまうより。日本バレー界のためによかったです」

 

当の高橋藍さんは春高試合終了後

「全日本に入って、オリンピック選手になることがずっと夢です。できれば石川選手の対角に入って、やってみたいなという思いはあります」

この時は夢でしたが、もう少しでその夢は叶うんだよ!

と、教えてあげたいですね^^

高橋藍の通う大学はどこ?

引用:http://neo-senzai-ishiki.com

それでは最後に高橋藍さんの出身大学ですが、彼は2021年5月現在。

  • 現役の男子大学生

です!

 

東山高校を卒業後、高橋藍さんは東京都の。

  • 日本体育大学

へ進学しました。

 

大学進学後は華々しくインカレでも大活躍!

 

と、いきたいのですが残念ながら新型コロナで大学生活にも大きく影響を受け、その結果試合や練習を行う事が出来きていません。

 

しかし高橋藍さんはそこで精神的に追い詰められるのではなく、今できることをやろう!

という事でフィジカル強化に励み体重増加や筋肉トレーニングにいそしんでいるそうです。

 

2020年12月に開催された全日本インカレでは大学1年生として試合に出場し、決勝で残念ながら敗れましたが日体大6年ぶりの決勝へと導きました。

 

2020年2月にシニア日本代表登録選手に初めて選出され2021年に初めて、

  • 全日本男子バレー

に召集されたのです。

 

高橋藍さんは全日本男子として初めて2021年5月に開催された「東京チャレンジ」に出場しました。

 

初出場とは思えないプレイをコート上で披露し、チーム最多の、

  • 19点

を記録し高橋藍の名前を全国・・いえ世界に広げました!

 

何が驚きって高橋藍さんはまだ20歳という若さでこの実力を持ち合わせているので、まだまだこれから経験を積みさらに技術を高めていくのかと思うと本当に楽しみすぎる存在です^^♡

高橋藍についてのまとめ

いかがでしたか?( *´艸`)

今回は期待のイケメンバレー選手・高橋藍さんの身長や出身中学・高校・大学を特集しました!

 

東京オリンピックに出場できる選手として選ばれるのは24名中12名です。

 

若き才能あふれる高橋藍さんが選出されるのかはまだ分かりませんが、石川祐希さんが主将を務めるので是非とも石川祐希率いる全日本で高橋藍さんのプレーが見てみたいものです!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました