紀子様の家柄を徹底的に調査!実家は今どうなってる?取り壊されたの?

紀子様 母親の実家 皇室
広告

秋篠宮紀子様は秋篠宮様と恋愛結婚で結ばれましたが家柄はどうなんでしょうか?

皇室に入るためには家柄も重要ですよね!

そんな紀子様の父親の職業は?

実家はどんなところで今はどうなってるの?

取り壊されて団地になったという噂が?

色々気になりますよね?

そんな気になるあなたの為に、紀子様の家柄や実家の情報についても調べていきたいと思いますので是非最後までご覧ください( *´艸`)

紀子様の家柄が凄すぎた?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#秋篠宮殿下 #秋篠宮妃殿下 #紀子さま #秋篠宮眞子さま #fashion #皇族

(@harugarden25)がシェアした投稿 –

秋篠宮紀子様は大学生時代に秋篠宮様と出会いそして結婚、

  • 皇室

の方となりました。

 

皇室に入るためには様々な条件をクリアしなければいけないそうです。

もちろん家柄や育ってきた環境も大切になってくるでしょうね。

そのため、皇室の人間として認められたというからにはかなりの「家柄である」という事でしょうか?

紀子様の家族構成は、

  • 父:川嶋辰彦さん
  • 母:川嶋和代さん
  • 弟:川嶋舟さん

の4人家族です( *´艸`)

 

そこで、紀子様の家柄や幼少期どのように育ってきたのか調べてみたいと思います(^^)

紀子様の家柄①幼少期は海外で過ごす。

紀子様の家柄が気になったので、

  • 幼少期

が気になったので調べてみたい思います。

紀子様は幼少期、父親の仕事の関係で3年間、

  • ウィーン

で暮らして居たそうです。

ニャン吉
ニャン吉

良いにゃ~。

そして、ウィーンに住んでいる間に、

  • パリやオランダ

などのヨーロッパ各地を家族で旅行されたそうです。

憧れの生活ですね~♪

 

幼少期にヨーロッパで過ごしたというだけでも、

  • 上流階級

という感じですよね( *´艸`)

幼少期を海外で過ごされているので、紀子様は語学も堪能なんでしょうね♪

紀子様の家柄②父親は大学教授。

紀子様の父親・川嶋辰彦さんの職業を調べてみると、

  • 大学教授

であるという事が分かりました。

ワンさん
ワンさん

おぉ~。

プロフィールは、

名前:川嶋竜彦(かわしまたつひこ)

生年月日:1940年4月20日

職業:経済学者・学習院大学名誉教授

です。

紀子様も通われていた学習院大学で教授をされていたんですね~。

紀子様は家柄も良くお嬢様という感じがしますよね( *´艸`)

紀子様の父親の経歴。

紀子様の父親・川嶋辰彦さんは、

  • 東京大学

を卒業したのち、

  • アメリカのペンシルベニア大学大学院修士課程

を修了しています。

 

川嶋辰彦さんの専門は、

  • 都市化や最適交通混雑税
  • 地域発展政策

などだそうです。

 

川嶋辰彦さんは、日本とタイの学生交流やボランティアなどに積極的に関われているようです。

 

そして、1976年に学習院大学の助教授に就任します。

そのタイミングで紀子様も学習院初等科へ編入することになったそうです。

自分の娘を呼ぶというシステムがあるんですね~!

 

そしてその後、川嶋辰彦さんはオーストリアウィーン郊外のラクセンブルグにある、

  • 国際応用システム分析研究所(IIASA)

の主任研究員に抜擢されています。

 

そのため、川嶋辰彦さんの仕事の関係で家族で、

  • ウィーン

に引っ越ししています。

そこで、紀子様も海外での経験を積んでいます。

ニャン吉
ニャン吉

素敵~。

紀子様の家柄③弟は講師。

紀子様の弟・川嶋舟さんは、現在は。

  • 東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室

で、講師を務めているそうです。

どんな仕事なんでしょうか(;’∀’)

  引用:Twitter

川嶋舟さんは、

  • 獣医師免許の資格

も持っているそうです。

動物の医療についての研究をされているんでしょうね。

 

紀子様は家柄も良いと思うので、川嶋舟さんの仕事もエリートっぽいですね♪

紀子様の家柄④3LDKのプリンセスはお金持ち?

紀子様の家柄は良さそうに見えるのですが、実際は。

  • お金持ち

なんでしょうか?

 

紀子様は秋篠宮様との結婚の時にマスコミに

  • 3LDKのプリンセス
  • 一般家庭から誕生した現代のシンデレラ

と取り上げられました。

 

なぜ紀子様がマスコミにそのように呼ばれたのかというと、紀子様が結婚直前まで暮らしていたのは、

  • 職員用共同住宅(家賃3万3000円)

で暮らしてたからです。

そこから、皇室に入られたため、「3LDKのプリンセス」と呼ばれたのです。

 

それまでは、皇室に嫁ぐ女性は、

  • 旧華族
  • 旧皇族

という家柄の女性が望ましいとされていました。

 

紀子様の父親は大学教授なので、普通の家庭から見ればお金持ちでしょうが。

職員用共同住宅に住んでいたという事を考えてみても、大金持ちというレベルではなかったのかもしれませんね~( ;∀;)

皇室が家柄を重視するのは嫁入り道具に3憶円いるから?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#秋篠宮様 #紀子様 #秋篠宮御夫妻 #beautiful #cute #smile #princess

(@harugarden25)がシェアした投稿 –

皇室に入るために、

  • 確執ある家柄が望ましい

と言われてたのには「財力の問題」がありました。

 

美智子様の嫁入り道具は現在の価格で、

  • 3億円!

と言われてるそうです。

3億円っていったいどんなものを嫁入り道具に持っていったんでしょう(;’∀’)

 

そのくらいの金額がそんな金額を川嶋家が用意できるのかという声が宮内庁内部では上がっていたそうです。

 

紀子様の嫁入り道具は一体いくらだったんでしょう~。

気になります・・・。

紀子様の実家は今はもう取り壊された?

紀子様が住んでいた実家の、

  • 職員用共同住宅

が降り壊されて団地になった?

という噂がありました。

本当はどうなんでしょうか?(; ・`д・´)

 

紀子様の家族が住んでいた住宅は、

  • 学習院職員寮

と呼ばれてました。

画像を見ても分かるように、団地になった。

というよりも、元々建物の作りがが団地という事ですね~。

 

紀子様はこちらで11年過ごされましたが、現在は既に取り壊されているそうです。

紀子様の家柄や実家についてのまとめ

以上。紀子様の家柄や実家の情報について調べてみました。

その結果、

  • 紀子様は幼少期は海外で過ごす。
  • 父親は大学教授。父親は、昔仕事の関係で海外に行く機会も多かった。
  • 紀子様は秋篠宮様との結婚の際に、「3LDKのプリンセス」「一般家庭から誕生した現代のシンデレラ」と言われた。
  • 紀子様は、職員用共同住宅で暮らしてた。
  • 紀子様の実家は現在壊されている。

という事は分かりました。

 

紀子様のご家族や幼少期を調べてみても、やはり家柄が良いという事が分かりました( *´艸`)

幼少期で海外生活されていた事を知らなかったので、流石お嬢様という感じですね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました