椎名林檎の生い立ちが壮絶だった!歌姫の人生を徹底解明してみた!

音楽
広告

椎名林檎さんの生い立ちが壮絶だった事をあなたはご存知でしょうか?

日本の歌姫の1人である椎名林檎さん!

そんな椎名林檎さんの生い立ちを徹底解明してみました!

気になりますよね?

そんな気になるあなたのために、椎名林檎さんのパワフルな歌声が大好きな私が椎名林檎さんの生い立ちについて調べましたので是非最後までご覧ください( *´艸`)

椎名林檎の生い立ちエピソード①出生秘話が凄い!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#椎名林檎 #ZIP

椎名林檎(@417rs)がシェアした投稿 –

今や押しも押されぬ日本の歌姫の1人である、

  • 椎名林檎さん

ですが、その椎名林檎さんの生い立ちがかなり壮絶でした!

 

気になったので調べてみました(; ・`д・´)

椎名林檎の生い立ちエピソード!生まれてすぐに難病に!

椎名林檎さんは、生まれてすぐに。

  • 先天性食道閉鎖症

という難病にかかっています。

そして、

  • 東京都新宿区の慶応病院

で、手術が2日間もかかっています。

ライくん
ライくん

なにっ。

先天性食道閉鎖症とは、食道と胃が繋がっていない病気です。

そのため、ミルクや母乳を飲むことが出来ないという赤ちゃんにとっては致命傷の病気です。

5000人に1人の割合で起こると言われています。

衝撃的な生い立ちですね。

 

椎名林檎さんのご両親もかなり辛かったのではないでしょうか(/_;)

親って自分の事をせめてしまいますからね・・・。

椎名林檎の生い立ちエピソード②自分の声が嫌いだった。

椎名林檎さんの歌声ってかなりカッコ良いですよね♪

ですが、椎名林檎さんの生い立ちを調べてみると自分の声に、

  • コンプレックス

を持っていたという事が分かりました。

ワンさん
ワンさん

意外だ。

椎名林檎さんの声は、小さい頃からガラガラとした男性の声だったようです。

ハスキーボイスみたいな感じでしょうか。

そして、母親からは。

  • あなたは声が悪いから、絶対声に気を使わないように。」

と言われたそうです。

それを聞いた椎名林檎さんは、「私が悪いんだ。」と、落ち込んでしまったそうです。

 

自分の声にコンプレックスを持ってしまった椎名林檎さんは、自分の声で周りに迷惑を掛けないようにと、意識をしすぎてしまい寡黙な学生になってしまったそうです。

 

子供にとって母親の言葉って大きいですからね。

母親の何気ない一言で、傷ついてしまったんでしょうね( ;∀;)

椎名林檎の名前の由来は恥ずかしがり屋だからだった!

椎名林檎さんは小さい頃寡黙だったと生い立ちでも分かりましたが、恥かしがり屋すぎて。

  • 顔が真っ赤になる事が多かった!

というエピソードから、

  • 林檎

と呼ばれていたため、それをそのまま芸名にしたそうです。

 

今や歌姫となった椎名林檎さんからは想像もできない話ですよね。w

音楽番組やライブで堂々とパフォーマンスしていますが、幼少期にはそんなかわいらしいエピソードがあったんですね♪

椎名林檎の生い立ちエピソード③音楽との出会い。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#椎名林檎 #三毒史 椎名林檎が感じた「時代の切実さ」新作までの5年、待望の40代「生意気、とは言ってくださらないでしょ」

椎名林檎(@417rs)がシェアした投稿 –

椎名林檎さんとは、日本の歌姫ですがその「音楽」とどのようにして出会ったのか調べていきたいと思います♪

ニャン吉
ニャン吉

気になるにゃ。

椎名林檎の生い立ちエピソード!幼少期はクラシック。

椎名林檎さんは、4歳から10年間。

  • クラシックピアノ
  • バレエ

を習っていたそうです。

ニャン吉
ニャン吉

お嬢様だっ。

 

その影響から、ピアノやバレエに関する歌以外は全く興味がなかったそうです。

林檎:ぜんぜんキャッチーじゃないんですけどね、ドビュッシーのピアノ曲とかですね。 幼少の頃はピアノ曲以外はあんまり好きじゃなくて、歌モノとかにはほとん興味がなかったな。

ーそのへんはやっぱり、ピアノとかバレエを習っていた影響ですかね?

林檎:そうなんでしょうね。 交響曲とかでもバレエ音楽とかが大好きで。 その頃よく聴いてたのは、森下洋子さんというバレリーナの方が編集したバレエのレッスン用のレコードがあるんですけど、ショパンのワルツとかがいっぱい入っていて凄くいいんですよ。

 

小さい子に好きな音楽何?と聞いて、

  • ドビュッシー

と答えたら驚くと思います( *´艸`)

椎名林檎の生い立ちエピソード!中学ではジブリやヒップホップ。

椎名林檎さんの生い立ちで中学時代は、福岡の音楽教室に通ったり。

  • ジブリ
  • ヒップホップ

の音楽にハマってたそうです。

全然違うジャンルですね(*´з`)

 

椎名林檎さんは、中学生の時に友達と。

  • バンド

を組んでます。

そして、学内でバンドを組んでいるだけでも凄いのに、学外でもバンドを組んで活動していたそうです。

学園祭でのライブ活動はもちろん、クラブハウスでライブも行っていたので凄いですよね( *´艸`)

椎名林檎の生い立ちエピソード!兄の影響で洋楽も。

椎名林檎さんは影響で洋楽も聞くようになります。

林檎:中学生はモータウン。ソウル・トレイン少女になっちゃうんですよね。フェイバリットはマーヴィン・ゲイ。

ーまた、突然ですね〜。それは誰かの影響で?
林檎:兄の影響ですね、憧れというか…。もう、日本人の音楽を急に全然聴かなくなるんですよ。それまでは日本人のも大好きだったんですけど、一気にかぶれちゃった感じですよね。

かぶれちゃったというのが面白いですね。w

 

椎名林檎さんは幼少期から中学までに幅広い音楽に触れあっているな~という感じですね( *´艸`)

きっと、地位逢い頃から音がkを聴き続けているので耳も越えていたでしょうね。

椎名林檎の生い立ちエピソード!高校で作曲。

椎名林檎さんは高校に入学して、

  • 軽音部

に所属していました。

 

そして、高校時代に作詞作曲までこなしていたそうです( *´艸`)

 

椎名林檎さんは高校生で、

  • 歌も上手い
  • 楽器も聞ける
  • 作曲も出来る

と、かなり音楽の才能があるという事が分かりますね。

椎名林檎の生い立ちエピソード④高校時代aikoと戦った!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#椎名林檎 #三毒史 SCHOOL OF LOCK!! https://www.tfm.co.jp/lock/staff/smartphone/index.php?itemid=13061&catid=36

椎名林檎(@417rs)がシェアした投稿 –

椎名林檎さんの生い立ちエピソードの中でも凄い話。

高校2年生の時。

  • 第9回 TEENS MUSIC MUSIC FESTIVAL

という大会に出場され、

  • 福岡地区大会で1位

になりました。椎名林檎さん(ボーカル兼ギタリスト)は、

  • Marvelous Marble

というバンドグループで出場されました。

 

全国大会で出場された椎名林檎さんは、最終結果で。

  • 奨励賞

を取りました。

 

そしてなんと、この大会でグランプリ(ティーンズ大賞・文部大臣奨励賞)を取ったのは、

  • aikoさん

だったんです!

その大会で日本の歌姫が2人もいるとは凄い大会じゃないですか(; ・`д・´)

まさか椎名林檎さんとaikoさんの生い立ちが繋がっていたとは!

記録に残る大会になりましたね~!

 

椎名林檎さんは、aikoさんとのその出会いを、

  • 「一生忘れません」

と語っています。

椎名林檎さんにとってもaikoさんの才能はかなり衝撃的なものだったんでしょうね。

 

椎名林檎さんはその後高校2年生の3学期が終わったタイミングで、高校を中退しています。

学校の授業よりも音楽をしたかったのかもしれませんね(;’∀’)

 

福岡地区大会で、既に何社からのレーベルからスカウトがかかっていたそうなので早く音楽の道に行きたかったのかも( *´艸`)

高校を中退してからはピザ屋と警備員のアルバイトを。

椎名林檎さんは高校2年で中退をしますが、アルバイトをしつつデモテープを送る日々をを過ごしていたそうです。

 

そんな中で、

  • ピザ屋
  • 警備員

アルバイトをしていたそうです。

 

椎名林檎さんの楽曲である「丸の内サディスティック」でも、

  • ピザ屋の彼女になってみたい

という歌詞がありますが、そこで働いている時にバイト先で好きな男子でもいたのかもしれませんね( *´艸`)

椎名林檎の生い立ちエピソード⑤ソロとして注目を浴びる!

椎名林檎さんは高校を中退した翌年1996年に、

  • The 5th MUSIC QUEST JAPAN

という大会に出場しました。

 

その時に、大会の関係者に。

  • 「グループよりもソロで歌ってみませんか?」

と、声を掛けられてソロになる事を提案されたそうです。

 

「MUSIC QUEST JAPAN FINAL」の決勝戦では椎名林檎でソロとして、

  • 「ここでキスして」

を披露しました。そして、

  • 最優秀賞

受賞されました。

 

この大会でも、aikoさんも出場されておりaikoさんも「優秀賞」を受賞されたそうです。

椎名林檎さんとaikoさんは若かりし頃から、音楽の才能が凄かったんですね♪

 

椎名林檎さんの生い立ちはaikoさん抜きには語れませんね(^^)

椎名林檎の生い立ちエピソード⑥aikoと宇多田ヒカルと同期!

   引用:Twitter

これはもやは、生い立ちとは違うかもしれませんが( *´艸`)

aikoさんとのエピソードを書いてきたので、書かせて下さい♪w

 

椎名林檎さんのデビューは、

  • 1998年

ですが、

  • aikoさん
  • 宇多田ヒカルさん

同期なんですよね♪

98年組凄すぎませんか( *´艸`)

椎名林檎さんと宇多田ヒカルさんは楽曲でコラボしたりしてますもんね♪

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

椎名林檎と宇多田ヒカル – 浪漫と算盤 #椎名林檎 #宇多田ヒカル https://youtu.be/VXJdG0elwSY

椎名林檎(@417rs)がシェアした投稿 –

椎名林檎さん・aikoさん・宇多田ヒカルさんの同期については「嬉しい」「好き」という意見がみられました~。

エモいらしいです。w

見ないけど、aikoさんの方が年上なんですよね~。

 

椎名林檎さん大人っぽい~。

椎名林檎さん・aikoさん・宇多田ヒカルさんが同期って98年デビュー神がかってますよね!!

ちなみに浜崎あゆみさんも同期みたいです( *´艸`)

椎名林檎の生い立ちのまとめ

以上。椎名林檎さんの生い立ちについて調べてみました。

その結果、

  • 産まれてすぐに先天性食道閉鎖症という5000人に一人の難病にかかった。
  • 小さい頃は声にコンプレックスがあった。
  • 幼少期はクラシック。中学えはジブリ・ヒップポップ。高校で作曲をする音楽少女だった。
  • 高校時代に大会でaikoと戦う。
  • ソロ・椎名林檎「ここでキスして」で大注目を浴びる。

という事が分かりました。

 

椎名林檎さんの生い立ちを見て行ってみると、ジャンルは違えど常に音楽が共にあり、今の椎名林檎さんを作っていったんだな~と思いました( *´艸`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました